クローゼットに眠っているブランド品を生かす道

高いお金を出したのに

どうしても欲しくてたまらず、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買った高級ブランド品。しばらく使っているうちに飽きてしまったり、そうでなくてもいつの間にかタンスの肥やしになっていること、結構あるんじゃないでしょうか。どんなに気に入って買ったバッグや靴でも、髪形や服の好みが変わるとバランスが悪くなって、自然と手にとらなくなるなるもの。服の場合だと、体型がかわって入らなくなることもありがちです。いつか、体重を戻してまた着ると思っていても、いつかはなかなかやってこないし、体重は戻っても体型は戻らないこともあるし。

タンスの肥やしはもったいない

いつの間にか、クローゼットの奥に眠ったままになったブランド物のバッグや洋服に靴。街に出ると、ショーウィンドウには流行の最先端の品が並んでいて、どうしても新しい物が欲しくなってしまいます。「欲しい」と思っても、一方で「もう収納する場所がない」と、諦めなければならないことも多いもの。家に帰って、「今日こそ、使っていないものを処分しよう」と片付けをはじめても、いざタンスの肥やしを手にすると、買ったときの値段が頭にちらつき、もったいない気持ちが湧いてきて、元の木阿弥なんてことも。

大事に使ってくれる人のもとへ

どんなに高級なブランド品でもタンスの肥やしになっていては、活躍の場もなく、もったいないどころか可哀想な気さえします。あなたにとってはタンスの肥やしでも、別の誰かにとっては大切な宝物になる可能性を秘めていて、歳月を経ても必要とされる価値があるのがブランド品と言えるのではないでしょうか。一度は惚れこんで手に入れた物だからこそ、ずっと活躍して欲しいと願いつつ、引き継ぎたいものです。大事に使ってくれる人のもとへ。

高級ブランド品を売るなら銀座で買取店に査定してもらえば、高級ブランド買取のライバル店が乱立しているので、買取金額も他の地域より高いです。