営業マンが付ける腕時計は…選び方のいろいろ!

営業マンにとっての腕時計!

営業マンにとって腕時計は、一体どんなものとして捉えられているのでしょうか。腕時計は営業マンにとって必需品でもあるし、印象を大きく左右するワンポイントアイテムとしても考えられます。そう考えると結構重要なアイテムではあるものの、腕時計のメーカーにしても、価格や機能にしてもあまりにも多さ故、腕時計を選ぶのに嫌気がさしてしまうなんて人がいるのも不思議ではありません。 仕事に使用する腕時計の選び方では、最低限おさえておくポイントさえ知っていればそう悩むこともないでしょう。

腕時計には適切な値段がある!

営業マンが身に付ける腕時計はどのくらいの金額のものがふさわしいのでしょうか。実は高価であればいいという訳ではないのです。仕事ではどんな仕事においても全てお金がらみの話となります。お金のやり取りをする上で、100円ショップの玩具のような時計をしていても、相手に不信感を抱かせるでしょう。また逆にダイヤが埋め込まれている何百万もの腕時計をしていても、金に物を言わせるような人間に映ってしまいますので、それはそれで非常に失礼なことに値します。営業マンが身に付ける腕時計の額というものは、安過ぎず高過ぎずといったバランスが大事となります。

職種に合わせた腕時計選び!

腕時計のメーカーと言えば、ざっと数えて100社ほどは軽くあります。自宅のリビングルームに置くテレビを買う時もあるでしょうが、テレビを選ぶ時に考えるメーカーはせいぜい10社ほどでしょう。エアコンを選ぶにしろ、寝具を選ぶにしろ、腕時計ほどのメーカー数はありません。腕時計の場合なら、メーカーで選ぶ方法の他にも、自分が就いている職種から選ぶ方法もオススメです。スポーツインストラクターなどの仕事をしてれば、水や振動に強いスポーツウォッチが人気です。ファッション系の店員などであれば、最先端のファッショナブルな時計を身にまとうと良いでしょう。

タグホイヤーは、スイスの高級時計メーカーです。1860年にドイツ系スイス人のエドゥアルト・ホイヤーが設立しました。